妄想工作ライター乙幡啓子のShummyで妄想工作!第2回デコパージュ

デコパージュで
「斜め下」の遊び方をしてみました!

投稿日:2018.01.17

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
こんにちは、引き続き“妄想系” 工作ライターの乙幡啓子です。

前回はエレガント極まりない「ソープカービング」の世界に皆様をお連れしましたが、今回はこれまたロマンティックが止まらない「デコパージュ」の世界へいざなうことといたしましょう。

なお、前回以上に広い心でお読みくだされば幸いです。

「デコパージュ」が私の人生にリンクする時がきた

さて今回受講します「デコパージュ」。紙ナプキンなどの絵柄をガラスの器や木材、布などあらゆる物に貼って、オリジナル雑貨を作る楽しみを与えてくれる手芸です。

ほら画面の向こうに今回も未知の世界がキラキラと広がっているよ。


実は私、手製の粘土ブローチにデコパージュのような仕上げを、見よう見まねで施したことがありまして、ちゃんと学んでみたかった技法のひとつなのです。
そんな憧れの講座が2,480 円(税込)で、しかもいまなら新規会員登録で1,000 円OFF で学べてしまう!さらにぷららポイントも50 倍還元されちゃうんですって!おっと、広告が過ぎましたがShummy さんホントにありがとう、ありがとう!でもそんなに太っ腹で大丈夫なの?!

初めて「水筆」というものを使いました。不思議な感覚!


皿に絵を貼り付ける、と一口に言っても「美しく」となると格段に難しくなります。さまざまな箇所に細やかな気遣いが必要になるんですよ。よって、受講する前と後とでは、人間的にも成長した気がします。あの頃の青い自分が懐かしい。

おお…なんだか立派に「製品」ができとる…


シンプルですが、お気に入りの紙ナプキンをガラス皿と石鹸にデコパージュしてみたのがこちら。この「絵入りのちゃんとした製品を自分でも作れる」という快感、癖になりそうです。

…ええ、癖になってしまいました。よって、これから紙ナプキンを飛び出し、いろいろな写真をデコパージュにしてしまいたいと思います!

ガラス越しの世界を表現しよう

いきなり場面は変わりますが、友人Kさん宅にやってきました。こちらで飼っている猫のメルシー君が目当てです。

この時期は床暖房に夢中さ


以前流行った「ガラステーブル越しの猫写真」、覚えてますでしょうか。ガラステーブルにペタッと座った猫を下から撮ると、まるで猫が空中に浮いてみえるというアレ。そしてガラス越しなので、手足やお腹がガラス面に押し付けられて見え、独特の味わいをかもし出しているというあの写真です。アレを、メルシー君で再現して、デコパージュの素材にしたら面白いんじゃないかと。

えー載るのー別にいいけどー


あとで好物のものを差し上げることを約束し、メルシー君にガラステーブルに載っていただきました。寒い時期にガラスに載っていただいちゃって、どうもすみませんです。

しっかりテーブルに載ってくれるよう、K さんが、猫用の液状おやつを少し出してくれました。夢中で吸っている、そのうちに…

この液状のにハマっててね…ペちゃペちゃ


K さん「はい、じゃお皿どけるから撮ってね!」

いやーん


「サッ」
シャッターパシャッ!

待って僕のおやつ


という具合に何度か試し、なんとか撮れたのがこちら。
うん、見事に浮いてます。メルシー君ありがとう!どうぞ床暖房の上にお戻りください。

いきなりテーブル載せられて、なんかよくわかんないけど、まあいいか


この画像をコピー用紙にプリントし、メルシー君の輪郭を切り抜いて「パーツ貼り」の要領でお皿に貼っていきましょう。

こんな材料で実現を目指します

パズルみたいにレイアウトを楽しめる!


白い猫が映えるよう、周囲を黒いアクリル絵の具でポンポン叩いて…できあがったのがこちら!

想像力も駆使しながらご覧ください


おお。ガラス皿の下に、メルシー君がこちらに裏面を向けてペタッと座り込んでいるという、不思議な状態になりました。お皿の中で、違う世界とつながったような…

これは面白い、ってんでうちの犬でも試してみました。うちのプー子もよくガラス窓越しに鼻をペタッと付けながら外を眺めていることがあり、その感じを再現したく。

窓越しでは難しかったので、ガラス皿越しに撮ろうとしたのですが…警戒して近寄らなくなってしまったので、皿を塗らしてやっと撮れたのがこちら(水滴を舐めるのが好きなので)。

水分摂るのにもう必死


飼い主バカではございますが、うーん一生懸命な様子がかわいいですねぇ。
ではこれを、さっそくデコパージュでもって、お皿に写しましょう。

よく考えたら他人には出しづらい皿ですね


にょほ~!
失礼しました。お皿の向こうから、こっちの世界を舐めてるよ~!んにょ~!

もっと出しづらくなりました


お菓子を載せたら、食べてるみたいだにょほ~!!

失礼しました。

ガラスの向こうの動物たち、いかがでしたでしょう。こうやってデコパージュで遊ぶのもいいかもしれない。

…!

なら、動物だけじゃなくて人間も、こうしてしまえばよくない?!

早速写真を撮って、制作にとりかかります。
いやな予感がしますね。
  • 1
  • 2

この記事について

妄想工作ライターの乙幡啓子さんによる Shummy 講座の体験記事を全5回の連載でお届けいたします。乙幡さんが実際に Shummy の講座で様々な趣味を学び、妄想によって芸術へと昇華させています。お楽しみください。

妄想工作ライター乙幡啓子のShummyで妄想工作!